タグ別アーカイブ: 骨盤

『女性がキレイになるためのレッスン』

6月2日、『女性がキレイになるためのレッスン』を行いました。
その内容の一部をご紹介いたします。 

☆★☆ 美肌を養うには骨盤から ☆★☆
お肌は、胃腸の調子に影響し、胃腸は骨盤のなかに収まっています。
骨盤を柔らかくし動かしてあげれば、その中に入っている胃腸も一緒に動き、お肌にも潤いが生まれ明るくなります。また、骨盤を丁寧に動かせば、お腹の筋肉も上手に使えるようになり、腰の負担が減り腰痛の改善にも。 

そこで今回は、骨盤をじっくり動かす体操をしました。
まずは、お腹の筋肉を使って、骨盤の右だけをあげる体操。左だけをあげる体操。
 次に、お尻の筋肉をゆるめ、右だけを下げる体操。左だけを下げる体操。
これらを組み合わせて、骨盤の右側だけをグルグル前後上下に回す体操。左側だけを回す体操。
たった、これだけでも、胃腸は動きます。 

コツは、楽しく笑顔で行うことです。
笑顔になれば、交感神経優位から副交感神経優位になります。すると、内臓の動きが活発になり、筋肉の緊張もほぐれ、血管も広がります。結果、血流量があがりお肌の血色も良くなります。
真面目な気持で「やろう!」と思うと、かえって交感神経優位になり、逆効果に!!
ボチボチ楽しくで、いいんです。「上手にやろう」と思う必要もありませんから(*^_^*)

  IMG_9518 jkl1 

 『骨盤周りが柔らかくなると、肩こりも緩まるの?』
というご意見もありましたが、身体の土台である骨盤が整うと、その上にのっかっている肩も自然と整い、肩こりが軽減されます。
そして、お顔への血流量があがり、化粧ノリもよくなります。 

女性のための美容レッスンとして、これからも随時開催予定ですので、興味のある方は直接メッセージお待ちしてます♪♪♪ 

《骨盤から美容へ》が今回のテーマでした。

 IMG_9493_mod

◆体験者の声◆
お肌のキメや、潤い、美肌の為に、いかに骨盤を整える事が大切かがしっくり腑に落ちました^^
これからも絶対続けていきたい❤
家でもまた続けてやってみます^^
また、骨盤が締まってきたがどうかチェックのほど宜しくお願いします。 

最後は、参加してくださった方とティータイム(*^_^*)

jkl4 jkl3

☆★☆ 『安産』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 骨盤の内側を温めることがとても大切♪ ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使って、『安産』を希望されている方に効果のあるツボをご紹介いたします。

妊娠、出産は女性にとっては一大事の大仕事! ご本人だけでなく旦那様やご両親も誰もが望むのが、『安産』なのではと思います。

安産の秘訣は、赤ちゃんが入っている子宮を冷やさないようにすること。つまり、骨盤の中を温めてあげることです。背中の『腎兪』や仙骨部の『次髎』は、子宮を温めるのによく効くツボです。また、昔から「安産のツボ」として有名なのが『三陰交』しかし、胎児の安定していない妊娠5ヶ月未満の妊婦には、流産へとつながるおそれがあるので避けてください。胎児が安定した5ヶ月以降なら安産につながる効果があります。

 ☆特効穴 : 腎兪、次髎
 ★常用穴 : 三陰交 (このツボは、妊娠5ヶ月以降からお使いください。)

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
       <ペットボトル温灸①> 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
        <ペットボトル温灸②>

また、安産体操を併用していただくことにより、よりお灸の効果が高まります。こちらも、妊娠5ヶ月の安定期に入ってから、はじめてくださいね。
少しずつでも毎日続けると、お産に必要な筋肉が鍛えられ、関節の緊張をほぐし、産道をやわらかくします。それに肥満防止や、からだを動かすことでいい気分転換にもなります。

そして、最後に、大事なのは続けることです。
     「やらねば」ではなく、「楽しい」習慣にしていきましょう♪♪♪