タグ別アーカイブ: 養生

☆★☆ 『糖尿病』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 化膿しやすくなっている糖尿病の方にこそ、ペットボトル温灸がおすすめです ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『糖尿病』に効果のあるツボをご紹介いたします。
なお、鍼灸治療と併用することをオススメいたします。

糖尿病の方は、化膿しやすく、普通のお灸では無理な場合があります。しかし、ペットボトル温灸はマイルドな熱さであるので、化膿させる心配がありません。温度調節も簡単なので、安心してご自宅で行えることができます。

脾の臓は、人体の中心に位置し、気血陰陽循環の中枢であります。脾経の働きが弱まると、代謝機能が低下し、他の臓腑に影響を与えます。まずは、脾の働きを調整するために、脾経の「太白」「地機」「脾兪」を温め、お腹の中心である「中脘」を温めるとより効果があります。
また、糖尿病で腎の働きが弱ることも多いですから、「腎兪」も温めましょう。

  ☆特効穴 : 太白、地機、脾兪、中脘
  ★常用穴 : 腎兪

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

IMG_7055_mod
      <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

オリーブオイルの生活で、温かライフ♪

オリーブオイル『冷え取りの効果がある』と、よく言われます。

80℃の白湯にオリーブオイルを加えた実験があり、50分後何も入っていない白湯の場合は38.9℃まで下がっていたのに対し、オリーブオイル入りの白湯は46.3℃と7.4℃も高い温度を保っていたという報告があります。

これは、オリーブオイルに油膜が広がりやすい性質の効果だと言われています。

温かい食べ物や飲み物と一緒にオリーブオイルを摂ると、胃のなかでも温かいものが冷めにくくなるのです。その熱が腸にも伝わり、腸が温まります。つまり、体内に入っても『保温効果』が続くのです。

スープはもちろん、お味噌汁に入れても相性がいいそうです。 

オリーブオイルを調味料の一つとして使っていなかった方、冷えを取る、体温を保つ食材とし摂ってみるのもいいものですよ。

しかし、冷え取りの基本は『適度な運動』だと思います。筋力をつけ、動かすことが最善。

適度な運動と、+オリーブの食事で、身体の芯から温め、内面からキラッキラッと輝く健康美人に~(*^O^*)

お灸で疲れ知らず、ご長寿生活♪

今日は、お灸と養生、そして長寿のお話をしようと思います。

滝沢馬琴の『玄同放言』三巻を見ると、長寿の例が多く載せられています。
長寿の例を一つ上げると、
  『百姓満平(195才)三河国宝飯郡水泉村の百姓。
   (1602~1796)幕府の慶賀に江戸に招かれ白髪を献上した。
   彼の長寿法は膝の下(足三里)に毎日お灸をするという。
   妻が173才、子が153才、孫が105才という長寿一家。』
と記されています。

その真偽はともかくとして、長寿の秘訣として足三里へのお灸を施していたようです。
また、俳句で有名な松尾芭蕉の「奥の細身」の序文にも、
 『笠の緒付かえて、三里の灸すゆるより、松島の月先心にかかりて・・・』と記されており、旅慣れた芭蕉が足三里にお灸を据えていたことがわかります。
道中での疲労回復や行く先々での食あたり、水あたりを予防していたのでしょうか。

また、足三里が胃腸の働きを整え、足の疲労にもよく効くとして江戸時代に一般庶民に広く使われたようでもあります。
このように足三里は古来より、疲労回復、健康増進、病気予防、治療として治療家や庶民の間で広く親しまれてきました。

今や、薬局だけでなく東急ハンズなどのお店でもお灸(せんねん灸)が購入できる時代。 クリスマスやお正月で、胃腸やお身体に負担がかかる時期でもありますので、よかったらお試しくださいませ。
足三里の具体的な場所や、どんなお灸がよいのかサッパリ?」 ということでしたら、お気軽にご相談くださいませ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今夜は、『大人の唐手部』♪

毎週火曜日の夜7時くらいから、とかく鍼灸いんは、誰でも参加できる最も敷居の低い『大人の唐手部』に早変わり。

私自身も含め、参加者の皆さまは、武術初心者。
拳法とは、養生あってのもの。
養生の基盤の上に、拳法の技巧、威力などが生まれます。

なので、私自身は、武術の習得というよりも、健康のため、臨床力向上のため、何が起ころうとも動じない心を養うために、参加しております。

「えっ、意識ひとつで、こんなに身体の使い方が変わるの。あり得ない!!!」
という体験、てんこ盛りの活動です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA