タグ別アーカイブ: 風邪

☆ 今年の夏はホントに暑かった! ☆

今年の夏は、災害クラスの猛暑でしたね。
クーラーを積極的に使った夏だったかと思います。

ここ最近、グッと気温が下がってきましたね。
朝夕は、肌寒く感じる季節となってきました。
こういう時は、夏にため込んだお疲れが症状として出やすい頃。
特に、この夏は猛暑とそれによる冷房と身体に相当負担を強いられましたからね。
体内の水分をかなり消費する環境だったと思います。

 ①ギックリ腰
 ②肌荒れ
 ③何となく疲れやすい
 ④頭が重い
 ⑤倦怠感

などの症状が出ている方は、夏の疲労によるところが大きいです。
秋の早い時期にこれらの症状を解消しておくと、冬を健康に過ごすことができます。

 秋が深まるにつれて気温が下がり、空気が乾燥。夏に体内の水分が失われた状態で秋に入ると更に体内が不足し、風邪を引きやすくなったり、脳梗塞の可能性も高くなります。また、乾燥肌にもなりやすく美容の観点からも好ましくないです。

 夏の疲労には、東洋医学が得意分野です。
今のあなたの身体の状態を診て、それに合った施術を行います。

 お気軽にご相談下さい。

wallpaper-1620825

中医学からみた風邪

ここ最近、風邪で御来院される方が増えてまいりました。
そこで、中医学からみた風邪について、ご紹介したいと思います。 

西洋医学が、ウイルスに目を向けて風邪をとらえているのに対し、中医学では、身体の状態、身体をとりまく外部環境という点から風邪を考えています。 

中医学では、風邪を「ふうじゃ」と読みます。外から人体を侵す邪気のことを「外邪」といい、その外邪には六種類あり、六淫と呼ばれています。風邪はその一つで、風の性質をもつ邪です。身体を守っている「衛氣」が弱ると、簡単に外邪に侵入されます。

<<素問・風論編>>には、「風邪は百病の長」であり、六淫のなかでは長として、他の六淫と合体していたる所に邪を運ぶ性質を持つと述べられています。 例えば、「湿邪」が加わった『風湿邪』では、体が重く、痰があり、慢性化しやすいです。「寒邪」が加わった『風寒邪』では、悪寒がし、喉が痒くなり、水のような鼻水がでてきます。「火邪」が加わった『風熱邪』では、悪寒よりも発熱が激しくなり、喉が痛くなり、黄色く粘りのある鼻水が出てきます。

「風邪は百病の長」を風邪をこじらすと他の病気を誘発してしまうという意味で使われる方も多いです。 しかし、元々の意味は、風邪と共にもれなく他の外邪(六淫)と結びついて、より複雑な病症になりますよ、ということを指しています。 

そうそう、風邪の引き始めと峠を越した回復期、それぞれの養生法を【ペットボトル温灸】シリーズでご紹介していきますね。 ご期待あれ~(o^^o)

☆★☆ 『中耳炎』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 耳の下のリンパも流しましょう ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『中耳炎』にオススメするツボをご紹介いたします。

三焦経に属し、耳の前にある『耳門』が、中耳炎の特効穴です。また、中耳炎になってしまうと、耳の下のリンパが腫れることがあります。東洋医学では、リンパは三焦であると考えられていますので、三焦経に属する耳門を温めることによって、リンパの腫れを防ぐ、または腫れてしまった場合、軽減する効果もあります。

また、風邪を引いて耳に詰まった感じがあるときに耳門を温めると症状が軽くなります。中耳炎が慢性化してしまったり、治ったけれども耳だれが残っている場合も耳門を温め続けると軽減につながります。
原因不明のメニエール病も、耳門一つで軽減される場合があります。

  ☆特効穴 : 耳門

ありがとうの感謝の気持ちで、耳の前を温めましょう。

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

IMG_1376_mod1
                     <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

☆★☆ 『鼻づまり』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 風邪の原因による鼻づまりなら、このツボです♪ ~

最近、はやりの健康法といったら、これ。
    「お灸」!!!
ヌクヌクと身体の芯から温まって、気持いいんですよ。
今回は、『鼻づまり』でお悩みの方にオススメするお灸のツボをご紹介いたします。

風邪を引いてしまって鼻がつまったときは、首の付け根の「風池」をオススメします。
風池は、「風の邪気(風邪=ふうじゃ)が身体の中に入って池のように貯まるところ」という意味です。
風邪の様々な症状に効きます。
同じく首の付け根の「天柱」も目、鼻、耳などの症状に効果があります。
頭の「上星」は、鼻水止めの特効ツボですが、鼻づまりにも効果があります。
鼻の横の「迎香」は、鼻づまり、鼻水などに効きます。

   ☆特効穴 : 風池
   ★常用穴 : 上星、迎香、天柱

ツボを温める方法としては、火を使わない、煙も出ない、どの部位でもお灸しやすい、「お湯」と「ペットボトル」があればOKの『ペットボトル温灸』がお手軽でおススメです。

また、ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めた~い♪」と思われましたら、正確な位置を知る必要があります。
ぜひ当院へお越し下さい。
あなたに合ったジャストポイントをお探しいたします。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o) 

次のテーマは、『脂肪太り』に効く温灸のツボです♪
女性の皆さま、お楽しみを(^o^)

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
       <ペットボトル温灸①> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴を示すものではございません。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
       <ペットボトル温灸②>
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴を示すものではございません。