タグ別アーカイブ: 頻尿

☆★☆ 『頻尿』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~  下腹部を温めるのが一番です(o^^o) ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
          「ペットボトル温灸」!!!
お手軽に、身体の芯をポカポカ温めることができるので、ご家庭のお手当法として人気です。
今回は、ペットボトル温灸を使った『頻尿』にオススメするツボをご紹介いたします。

頻尿とは、尿が近い・尿の回数が多いという症状を言います。 膀胱の働きを改善し、尿を貯める機能を高めていきます。
膀胱機能を高める特効ツボとして、恥骨結合の直上にある「中極」を温めましょう。やり方は、一瞬の「アチッ!」を3回くらい繰り返す方法です。このツボは、夜尿や、失禁にも効果があります。

 ☆特効穴 : 中極

『ペットボトル温灸』の特徴は、
  ①火を使わない
  ②煙が出ない
  ③どの部位でも一人でできる
  ④簡単に温める場所を変えられる
  ⑤広範囲を温められる
  ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などであり、火を使う「せんねん灸」に比べると、すっごくお手軽にできるお灸です。

ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めたい♪」と思われましたら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o) 

次のテーマは、『排尿困難』に効くツボです♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
        <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

☆★☆ 『円形脱毛症』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~  ストレス解消が一番の治療薬です(o^^o) ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
お手軽に、ポカポカ、身体が温まるので、ご家庭のお手当法として人気です。
今回は、ペットボトル温灸を使った『円形脱毛症』にオススメするツボをご紹介いたします。

円形脱毛症とは、突然、頭に十円玉くらいの脱毛がみられる症状です。そして、脱毛範囲は次第に拡大していきます。原因ははっきりとわかっていませんが、ストレスが引き金となって起こることが多いとされています。半年ほどで自然と回復することもあるようですが、長引く方もおられます。
精神的ストレスを解消していくのが一番の回復薬です。まずは、頭の「百会」でストレスを解消しましょう。また、背中の「肓兪」もストレスには有効なツボで円形脱毛症にも効果があります。背中の「膈兪」「腎兪」で自律神経の働きを調整しましょう。首がこっている場合が多いので、「天柱」「風池」も効果ありです。 そして、脱毛している場所にも、お灸です。

 ☆特効穴 : 百会、肓兪、(脱毛部位)
 ★常用穴 : 膈兪、腎兪、天柱、風池

『ペットボトル温灸』の特徴は、
  ①火を使わない
  ②煙が出ない
  ③どの部位でも一人でできる
  ④簡単に温める場所を変えられる
  ⑤広範囲を温められる
  ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などであり、火を使う「せんねん灸」に比べると、すっごくお手軽にできるお灸です。

ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めたい♪」と思われましたら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o)

 次のテーマは、『頻尿』に効く温灸のツボです♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
        <ペットボトル温灸①> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
        <ペットボトル温灸②>
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

★☆ 中医学から観た小児の症状 ☆★

中医学からみると、小児には色々な特徴がありますが、今回は以下のものをあげてみました。

①生命力に満ちている
②腎気未充
③肝常有余
④脾常不足

①生命力に満ちている
小児の身体はたくましく成長します。
身長がグ~ンと伸び、脳が発達し、臓腑や筋骨も発育するなど、全体が急速に成長し、生命力が身体いっぱいにまで満ち溢れます。つまり元気だということです。
こどもが活発に動いたり、汗を多くかく、病気のときにすぐ熱がでる、高熱がでやすい、などは、生命力が高いために起こるのです。

②腎気未充
腎は精を蓄え、発育と生殖を管理しています。精とは身体の成長や発育、生殖などの生命活動に必要とされるエネルギーの基礎物質です。腎に蓄えられた精が変化したものが腎気です。
子供は性の特徴が現れる10代に入るまでは腎気が成長します。従って、小児は腎気が充実していない状態にあります。
また、腎は身体の水分を調節しています。夜尿症、遺尿症、頻尿はこの「腎気未充」が原因です。

③肝常有余
肝は、血を貯え全身に供給したり、筋を管理して関節の動きをコントロールしたり、視力調節、精神や情緒の開放、解毒、などの働きがあります。肝常有余とは、肝の働きが非常に強いことを意味しています。
小児が感情不安定で、すぐに笑ったり、泣いたり、起こったり、わがままなのは、この肝の働きが強いからです。カン虫、人を噛む、怒りっぽい、爪を噛む、キーキー声を出すのは、このためです。

④脾常不足
脾は、食物の消化吸収や、血が脈の外に漏れないようにする、臓腑を上に持ち上げる、全身に栄養を送るなどがあります。この働きがまだ未熟なので、食欲不振や好き嫌いが多い、嘔吐、下痢、腹痛になったりします。 

今回、小児によくある症状にしぼって、中医学からみた小児の特徴をあげました。

鍼灸治療の作用は、その子が持っている自然治癒力を引き上げることから、小児鍼においては殆どの病状に有効です。特に小児は生命力が旺盛ですから、ほんの小さな鍼刺激で驚くほどの効果が得られます。 もちろん、食べ物もかなり重要になってきます。

このような症状でお困りのお母様、ご相談にのりますよ。 お気軽にご相談くださいませ。

☆冬は腎が疲れる季節。腎を労りましょう☆

一月も半ば、春が近づいていると思いたいところですが、まだまだ寒さが身に染みる時期ですね。

今回は、冬の季節に疲れの出やすい臓腑のお話しです。

東洋医学を勉強された方なら、ご存じの五臓色体表。
五季の冬に関わる五臓といえば、「腎」ですね。
冬は寒が強い季節であり、寒は腎を傷める要因となるんですね。
腎は、生命力の根源である元気をもたらす五臓、また全身の水分代謝を調整する五臓でもあります。

この機能が弱ると、
やる気出ない、力がでない、手足冷える、眠い、トイレ近い、
といった症状が出ます。

最近、とても眠いという人は、腎が疲れているかもしれません。

自宅でできる養生法としては、
下腹部や背中の一番下の肋骨周りは、東洋医学では腎のエリアとされ、ここに手を当て、気を補います。
これだけでも効果あります。
また、身体を温め、冷やさないことも大切です。
腹巻き、オススメですよ~(o^^o)

お食事に関しては、砂糖やチョコレート、バナナ、なんかの冷やす性質が強いものを控えていただければと。
豆腐や豆乳も冷やす性質なので、少し控えめにしていただければと思います。
そして、腎を補う食べ物をお口にされたらよいと思います。
では、どんな食べ物がよいかは、当院へおこしくださいませ~(o^^o)