タグ別アーカイブ: 神戸

☆★☆ 『糖尿病』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 化膿しやすくなっている糖尿病の方にこそ、ペットボトル温灸がおすすめです ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『糖尿病』に効果のあるツボをご紹介いたします。
なお、鍼灸治療と併用することをオススメいたします。

糖尿病の方は、化膿しやすく、普通のお灸では無理な場合があります。しかし、ペットボトル温灸はマイルドな熱さであるので、化膿させる心配がありません。温度調節も簡単なので、安心してご自宅で行えることができます。

脾の臓は、人体の中心に位置し、気血陰陽循環の中枢であります。脾経の働きが弱まると、代謝機能が低下し、他の臓腑に影響を与えます。まずは、脾の働きを調整するために、脾経の「太白」「地機」「脾兪」を温め、お腹の中心である「中脘」を温めるとより効果があります。
また、糖尿病で腎の働きが弱ることも多いですから、「腎兪」も温めましょう。

  ☆特効穴 : 太白、地機、脾兪、中脘
  ★常用穴 : 腎兪

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

IMG_7055_mod
      <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

rinngo

▲▽▲ 一人一人の体質と食材の相性 『りんご』編 ▲▽▲ 

冬によく食べる果物といったら、リンゴ(*^O^*)
僕は、ムシャムシャ丸かじりしてます(笑)

今回は、『りんご』についてのお話しです。
りんごの原産地は、中央アジアで、四千年ほど前からヨーロッパに伝わり、江戸時代に中国を経て日本に。そして、明治に西洋種が入り、品種改良して今に至ります。

それでは、中医栄養学と現代栄養学、それそれからみた作用をあげてみます。

中医栄養学からみた作用
 ・唾液などの分泌を促進し、肺を養い機能を回復する。
 ・熱を収め、イライラを解消。
 ・食欲を促し、二日酔いを解消。

現代栄養学からみた作用
 ・コレステロール値の降下作用。
 ・整腸作用
 ・利尿作用

リンゴの寒熱性は、「涼性」に近い「平性」であり、「潤性」の特性もあるので、「陰虚」で微熱のある方には非常にオススメです。胃腸が弱っている「気血両虚」の方は、リンゴを食べ過ぎるとリンゴ酸などの刺激により胃腸の粘膜を傷つける可能性が高まるので、控えめにしましょう。「涼性」の作用も少しあるので、「陽虚」の方も控えめに。リンゴの調整作用は消化不良のある「食積痰湿」の方や、「肝陽亢進」で高血圧の方にもオススメです。

リンゴは、その昔、「百果ノ王様」と呼ばれ、色も味も香りも良く、体を養い、陰陽バランスのとれた食べ物です。上手に、食べて、美味しい人生を~(o^^o)

☆★☆ 『自律神経失調症』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 鍼灸治療+自宅で温灸するとよいですよ ~

 はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『自律神経失調症』に効果のあるツボをご紹介いたします。
なお、鍼灸治療と併用することをオススメいたします。 

足裏の「足心」は、自律神経に働きかけて、過度な緊張を和らげてくれます。そして、背中の「膈兪」「腎兪」で自律神経の働きを調整しましょう。腕の「曲池」は、自律神経のバランスをよくする働きがあるので、ここもオススメです。
慢性的に胃がシクシク痛むなら、自律神経を整えて痛みを和らげ、胃腸の働きを正常に戻す中脘」も使いましょう。 

  ☆特効穴 : 足心、膈兪、腎兪、曲池
  ★常用穴 : 中脘(胃痛がある場合)

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

 そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

 

IMG_7055_mod 
      <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

☆★☆ 『耳鳴り・難聴』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

 ~ 軽い耳鳴り、難聴なら、ぜひお試しくださいませ ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『耳鳴り』『難聴』にオススメするツボをご紹介いたします。

耳鳴り、難聴は、腎の臓の病といわれるくらいですので、背中にある兪穴である『腎兪』が効きます。また、耳鳴り、難聴に効く合水穴に属する腎経のツボ、『陰谷』(膝裏にある)も、効きます。
三焦経は、目や耳を司る経絡ですので、それに属するツボも有効です。難聴なら郄穴の『会宗』、耳鳴りなら経穴の『外関』をそれぞれ、使い分けてくださいね。

  ☆特効穴 : 腎兪、陰谷
  ★常用穴 : 会宗(難聴)、外関(耳鳴り)

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
<ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

wallpaper-1620825

中医学からみた風邪

ここ最近、風邪で御来院される方が増えてまいりました。
そこで、中医学からみた風邪について、ご紹介したいと思います。 

西洋医学が、ウイルスに目を向けて風邪をとらえているのに対し、中医学では、身体の状態、身体をとりまく外部環境という点から風邪を考えています。 

中医学では、風邪を「ふうじゃ」と読みます。外から人体を侵す邪気のことを「外邪」といい、その外邪には六種類あり、六淫と呼ばれています。風邪はその一つで、風の性質をもつ邪です。身体を守っている「衛氣」が弱ると、簡単に外邪に侵入されます。

<<素問・風論編>>には、「風邪は百病の長」であり、六淫のなかでは長として、他の六淫と合体していたる所に邪を運ぶ性質を持つと述べられています。 例えば、「湿邪」が加わった『風湿邪』では、体が重く、痰があり、慢性化しやすいです。「寒邪」が加わった『風寒邪』では、悪寒がし、喉が痒くなり、水のような鼻水がでてきます。「火邪」が加わった『風熱邪』では、悪寒よりも発熱が激しくなり、喉が痛くなり、黄色く粘りのある鼻水が出てきます。

「風邪は百病の長」を風邪をこじらすと他の病気を誘発してしまうという意味で使われる方も多いです。 しかし、元々の意味は、風邪と共にもれなく他の外邪(六淫)と結びついて、より複雑な病症になりますよ、ということを指しています。 

そうそう、風邪の引き始めと峠を越した回復期、それぞれの養生法を【ペットボトル温灸】シリーズでご紹介していきますね。 ご期待あれ~(o^^o)