タグ別アーカイブ: 神戸

今日だけ、小学生までの女の子、治療費無料!

本日は、3月3日、ひな祭り。

母方の祖父母から贈られた雛人形を飾り、女児の成長や幸せを家族みんなで願う一日です。 とかく鍼灸いんも、女児の成長や幸せを願う一日にしたいと思い、本日限りのイベント実施。

 

     『小学生までの女の子の施術費用、無料!』

 

本日限りのイベントです。

お気軽に足を運んでくださいませ。

title03

感謝御礼キャンペーン

ありがとうございます。

おかげさまで、アクア温灸、たいへんご好評をいただいております。

感謝の意をこめまして、アクア温灸を体験していただいた方、皆さま全員に『水素水』をプレゼント(*^O^*)

3月末までです!

アクア温灸特権2

inyou

冷え症は、運動するより、気功が効く!?

 

冷え症は、よく運動して「血流」をよくするより、「氣」を動かした方が早く改善します。 それでは、その理由をご紹介いたしますね。

 東洋医学では必ず耳にする「陰陽論」。これは、あらゆる物事が事象を、対立または相互に制約しある二つの側面からとたえた考え方で、例えば、上と下、右と左、天と地、動と静、昼と夜、明と暗、熱と寒、男と女など、例をあげればきりがないほどあります。

陰陽は相互に対立または制約、つまり相互に依存しており、その相互関係は人体を構成し生命活動を維持している源である「氣」と「血」の関係についてもいえます。「氣」は陽に属し、「血」は陰に属します。そして、陽は変化が早い性質であり、陰は変化が遅い性質をもっています。
つまり、身体の変化を早く起こしたいなら、変化の遅い性質の陰に属する「血」ではなく、変化の早い性質の陽に属する「氣」を動かした方がよいということになります。身体を健全な方向に早くもっていきたいなら、氣を動かしたほうが近道という考え方です。
冷え症を始め、慢性的な肩こりや腰痛も、血より氣を動かしたほうが、早く効きますよ(^^) 

そこで、氣をコントロールする療法としては、経穴に鍼やお灸を使う鍼灸治療や、気功があります。
法律上、鍼灸師の資格がなくても、自分の身体に鍼やお灸をすることは問題ありまぜん。が、しかし、鍼灸治療は、高度な知識と技術、衛生の管理が要求されます。
セルフケアで、お悩みの症状を改善されたいなら、鍼灸治療より安全で、お金もかからず、身体一つで手軽に始められる『気功』をオススメいたします。 

とはいえ、緊急外科的治療が必要とされるものや、エボラ出血熱などの人の自然治癒力以上に強力なものに侵された場合は、すぐに病院へ直行して下さいませ。

☆ キレイを目指す女性のための気功教室 ☆

はい、最も敷居の低い気功教室を春貴さんで行います。
しかも、お茶会付き!

この教室は、『キレイを目指していらっしゃる女性』のためだけの気功教室です。
ご参加された方には、簡単な動作で、キレイ効果の高い気功体操を伝授しちゃいます。

気功体操は、毎日続けると、より効果を発揮します。
しかし、複雑な動きは覚えるだけで精一杯。
毎日、続けるにはモチベーションを維持できないこともあります。
そこで、続けられない気功体操より、継続できる簡単な気功体操をお伝えし、キレイを目指していらっしゃる女性のお手伝い、と思っております。

僕のモットーは、明るく、元気に、少しアホ!
ということで、皆さまにも、少しばかりアホになって、日常生活から離れていただきま~す(o^^o)

【 日時 】  2月25日(木) 14:00~16:00
【 参加費 】 2500円(税込)
【 服装 】 軽く動ける服装
       着替える場所もごさいます。
【場所】 セラフィック春貴 (http://www.shunki.com)
       神戸市中央区三宮町3-9-19 4F
       078-334-0623
       JR元町駅より徒歩3分
【講師】 泣く子もほめる鍼灸師 竹内寛明
       モットー : 明るく、元気に、少しアホ(*^O^*)

==== お申し込みは、こちらまで ===
とかく鍼灸いん
[担当] 竹内寛明
[Tel] 078-222-7248
[Email] hiroaki.takez@gmail.com
[ホームページ] http://tokaku.jp/

お電話でも、メールでもお気軽にお申し込みください。
当日ドタ参加もOKです♪

女性気功教室

とかくちゃん01

= 年末年始の休診についてのご案内 =

平素より、とかく鍼灸いんをご利用頂き、誠に有難うございます。
年末年始の営業日について、下記のとおりご案内をさせて頂きます。 

   休診期間:12月31日(木)~ 1月3日(日)

14日(月)9より診察を開始させていただきます。

皆さまには、何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、宜しくお願い申し上げます。