タグ別アーカイブ: 東洋医学

☆ 今年の夏はホントに暑かった! ☆

今年の夏は、災害クラスの猛暑でしたね。
クーラーを積極的に使った夏だったかと思います。

ここ最近、グッと気温が下がってきましたね。
朝夕は、肌寒く感じる季節となってきました。
こういう時は、夏にため込んだお疲れが症状として出やすい頃。
特に、この夏は猛暑とそれによる冷房と身体に相当負担を強いられましたからね。
体内の水分をかなり消費する環境だったと思います。

 ①ギックリ腰
 ②肌荒れ
 ③何となく疲れやすい
 ④頭が重い
 ⑤倦怠感

などの症状が出ている方は、夏の疲労によるところが大きいです。
秋の早い時期にこれらの症状を解消しておくと、冬を健康に過ごすことができます。

 秋が深まるにつれて気温が下がり、空気が乾燥。夏に体内の水分が失われた状態で秋に入ると更に体内が不足し、風邪を引きやすくなったり、脳梗塞の可能性も高くなります。また、乾燥肌にもなりやすく美容の観点からも好ましくないです。

 夏の疲労には、東洋医学が得意分野です。
今のあなたの身体の状態を診て、それに合った施術を行います。

 お気軽にご相談下さい。

便秘

号外、号外、あの妊娠線も薄くなる『アクア温灸』、ついに公開いたします!!! 

号外、号外!!!
今まで、クローズドで行ってきた『アクア温灸』を、正式メニューとして、施術を開始。

◇これがアクア温灸だ◇
 明るく前向き、しなやかに生きる女性のためのアクア温灸。
 おまけに、妊娠線、脂肪線も薄くなります♪

◇具体的には、何するの?◇
お腹が輝けば、全身が輝く。
どこへ行っても改善しなかったその症状、もしかしたらお腹の不健康が原因かもしれません。 

お水は、最高の処方箋。それは、身体の約70パーセントは水分でできているからです。身体に良いことずくめのお水(水素水)をゆっくり丁寧な腸揉みで、身体の深部に、細胞一つ一つに届けます。そして、お腹の芯(腸)を伝統療法である箱灸でポカポカと温め、あなたの本来の回復力をより引き出します。細胞ひとつひとつに水素水が行きわたる当院独自の腸揉みは、刺激は軽いですが効果の高い腸揉みです。

症状を改善するだけでなく、病気を自ずと回復する元気な身体を作るのが、アクア温灸の目的です。
「お水」+「腸揉み」+「東洋医学」で、妊娠線、肥満線も薄くなる予防医学としても使える施術です。

◇このような人に向いています◇
 ・妊娠線や肥満線を目立たなくして、キレイなお肌にしたい。
 ・慢性的な疲労、だるさで、やる気が湧いてこない。
 ・イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、焦燥感を常に感じている。
 ・感情の起伏が激しく、自分ではコントロールできない。
 ・ちょっとしたことで、すぐに動揺してしまう。
 ・夜、なかなか寝付けない。夜中によく目を覚ます。
 ・食欲がない。
 ・ちょっとしたことで、動悸や息切れしてしまう。
 ・冷え症に、すごく悩まされている。
 ・お通じや生理などお腹の悩みがかなりきつい。
 ・お腹の悩みだけでなく、年中、肩や腰が辛い。
 ・不妊症でなやんでいる。
 ・眼精疲労、ドライアイなど目が辛い。
 ・何をやっても、ぽっこりお腹が治らない。
 ・お肌のトラブルを絶えず抱えている。
 ・朝、起きるのが辛い。
 ・体を強く、元気になりたい。

◇アクア温灸メニュー◇
 <<美顔コース>>
   アクア温灸+美顔、50分、8000円(税別)
   6回回数券特権 : ①経絡足つぼセラピー1回(3000円相当)
                ②水素水6本

 <<ベーシックコース>>
   アクア温灸、40分、5000円(税別)
   6回回数券特権 : 経絡足つぼセラピー1回(3000円相当)

これ以外のコースもご用意しております。詳しくは、当院まで(^^)

◇今までの患者様の声(一部を紹介)◇
 ・不安感や焦燥感が減っていったから、前向きに動けるようになった♪
 ・妊娠線が薄くなった。もっと続けて受けます♪
 ・お通じがすごく良くなったので、毎朝が気持ちいいです♪
 ・肌荒れが治り、お肌が明るくなったので、自信もって人前にでれます♪
 ・慢性の肩こり、腰痛が軽くなり、すごく嬉しいです♪
 ・朝まで、ぐっすり眠れるようになった♪
 ・症状が治っただけでなく、ウエストにくびれができた♪

ご要望があれば、お腹診断から、今のあなたに適した漢方もご紹介いたします。
お問い合わせも受け付けております。
お気軽に、ご質問ください。

cacao

▲▽▲ 一人一人の体質と食材の相性 『ココア(チョコレート)』編 ▲▽▲ 

今回は、僕も大好きな『ココア(チョコレート)』についてのお話しです。

まずは、中医栄養学と現代栄養学、それそれからみた作用をあげてみます。 

●中医栄養学からみた作用●
  ・強身 (身体を丈夫にする)
  ・利尿 (尿を出やすくする)

●現代栄養学からみた作用●
  ・精神安定 
  ・動脈硬化予防
  ・整腸
  ・老化防止

原産のカカオの実の原産は、南アフリカの熱帯地域。その実を煮詰めて、カカオバターを取り除いて粉末にしたのが、市販されている粉です。

ココアは砂糖を加えないと苦くて飲みづらく、チョコレートはカカオバターが含まれている分、更に脂肪が多いので食後の胃もたれ、胸焼けを起こしやすいので、胃腸が弱い「気血両虚」の方は控えた方がよいです。また、ココアは気を上昇させる性質があるので、もともとのぼせがある「肝陽亢進」の方や、微熱のある「陰虚」の方にも当然オススメできません。消化不良があり胸焼けなどの症状がある「食積痰湿」の方も、ココアを摂取すると更に症状を悪化させてしまうので、控えめにしたほうがよいです。

「陽虚」で冷え症の方にはオススメです。血圧が低い人は、朝、少しココアを飲んで、血圧を高め、気力を高めるのにオススメですよ。 

皆さま、それぞれで、体質が違います。「みんなが食べてるから、私も食べる」と思わずに、今の自分の身体に合った食べ物を摂り、上手に食べ物の特性を活かし、健やかな日常を気付いて参りましょう♪

a96b6070

▲▽▲ 一人一人の体質と食材の相性 『緑茶』編 ▲▽▲ 

今回は、カテキンたっぷりの『緑茶』についてのお話しです。 

緑茶は、お茶の中では抗酸化作用が強いお茶。
 ・血圧を下げる作用
 ・造血機能を促す作用
 ・ガン細胞の増殖を抑える作用
 ・抗菌作用
 ・血中コレステロールを減らす作用
 ・利尿作用
などなどの作用が取り上げられています。

では、東洋医学からみるとどうなのか?
緑茶は冷やす作用の「寒性」で、甘みと苦みがあります。詳しくは後に述べますが、その「寒性」は加熱しても変わりません。胃腸の弱い「気血両虚」の方は、胃腸を冷やしてさらに胃腸の働きが鈍くなりやすくなります。
体内に余分な水分が溜まっている「食積痰湿」の方は胃腸を冷やし、水分を体内に留める「収」の作用により飲んだ緑茶の水分がますます水分が溜まり、下腹部が太る原因にもなります。
冷え症のある「陽虚」の方は、緑茶を飲むとさらに冷やしてしまうので、「温性」の紅茶をオススメいたします。
上にあがった氣を下に降ろす「降」の作用があるので、気がのぼせやすい「肝陽亢進」の方には、非常にオススメです。 

緑茶が「寒性」だったのなら、温めて飲めば大丈夫という質問を時々、受けます。 たしかに、胃に入った瞬間はその熱で胃を温めています。 しかし、胃から身体の中に吸収されてしまえば、「寒性」が働くので、冷やすことになります。 温めで飲んでも、その時だけなんですね(^^;) 性質そのものは、変わらないんです。
例えるなら、僕は男性です。たとえ、どんなに女装し、見た目が限りなく女性だったとしても、男性は男性。 性別は変わらない。それと同じです。

余談ですが、医院長はサラリーマン時代、忘年会の余興で、MAXの女装をして、300人くらいの前で、「トラトラトラ」を踊りました。しかも、お笑いなしのガチダンス!
その時のウィッグは、まだ大切に保管しております(笑)

女装もこなせる鍼灸師からでした<(_ _)>

豆乳

▲▽▲ 一人一人の体質と食材の相性 『豆乳』編 ▲▽▲ 

今回は、健康食として、なんやかんやと注目されがちな『豆乳』についてのお話しです。

豆乳は身体を冷やす「涼」の性質を持ち、肝の余分な熱を下げ、肝機能の回復を助けます。この性質の作用で、肝にこもった余分な熱がありのぼせやすい「肝陽上亢」証で肝炎や高血圧のある方には、非常によいでしょう。

「涼性」作用と補血作用により「陰虚」証で微熱のある方、ご年配の方で熱っぽくのぼせやすい方、牛乳を飲むと下痢しやすい方には、豆乳を毎日少しずつ飲むとよいでしょう。

ただし、粘膜や肌を潤す「潤性」「涼性」を持つ豆乳は、日頃から胃腸が冷えている「陽虚」の方、胃腸が弱く下痢をしやすい「気血両虚」の方には、おすすめできません。また、もともとお腹が張りやすく胃が重たい「食積痰湿」の方も、ますますお腹が張る原因になるので控えめに、飲んでいただければと思います。

豆乳が健康にいいと言われていますが、それは豆乳の性質とその人の体質の相性がよい場合のみです。上記のとおり、冷えてる方が飲まれると、ますます冷えます。
周りの評判に流されず、今の自分の体質を知り、豆乳と相性がよいかどうか判断してから、美味しくいただきましょう。

ちなみに、私は、健康にいいからと、冬でも毎日1リットル飲み、しかも、常温だと不味いからキンキンに冷やして飲んでおりました(笑)
当然、お腹もキンキンに冷えておりました(^^;)
もちろん、鍼灸師になる前のお話しですよ~。