タグ別アーカイブ: チック

☆★☆ 『チック症』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 温灸の心は、母心。親子でスキンシップしながら改善を ~

当院おすすめの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として、好評をいただいております。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は『チック症』にオススメするペットボトル温灸法をご紹介いたします。

カン虫によく似た症状が出始めたら、要注意です。
チック症のはじまりかもしれません。
チック症とは、口や目をよく動かす、首や肩を突然ビクッと動かす、身体を絶えずゆする等の動きをする症状です。

精神的、肉体的に疲労が溜まっていることにより起こりやすい症状です。
従って、「早く治さなくっちゃ」と思うのはかえって逆効果です。
子供の心身にゆとりをもたらすようにしましょう。
温める場所は、首や肩です。
ここを一瞬「アチッ」という感じで、数カ所温めましょう。
症状がひどい場合は、腰のあたりまで、温めてあげましょう。

首の後ろを温めるときは、子供とだっこした状態でしてあげると温灸がやり易いです (o^^o)
子供とスキンシップをとりながら、母心をお子様に渡してあげちゃいましょう。
子供も、きっと喜びますよ。

もし、子供が動き回って、うまくできないようでしたら、先ほどの場所をさすってあげるだけでも、大丈夫です。

 ☆特効部位 : 首、肩

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使う「せんねん灸」に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

まさに、動き回る子供向けのお灸であると思います。
お子様にやってみて、どうしてもうまく受けてくれないと言う方は、一度当院へお越し下さいませ。
コツをお伝えいたします。 

赤ちゃん11_チック
    <ペットボトル温灸①> 

IMG_2119_rm
     <ペットボトル温灸②> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

 

☆★☆ 『関節リウマチ』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ お灸で温めて、お薬が効きやすい体質にいたしましょう ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『関節リウマチ』でお悩みの方にオススメするツボをご紹介いたします。

関節リウマチは、免疫の異常により四肢の関節に炎症が起こり、腫れや痛みが全身に広がります。それが続くと関節の変形をもきたす病気です。腫れや痛みを緩和する対処療法も大切かと思いますが、お灸でその原因を取り除くことで、より回復を早めましょう。要は、お薬が効く下地を作ると思って下さい。

特効穴として、腕の「郄門」、腰の「小腸兪」「次髎」、背中の「膈兪」、お腹の「中脘」を使います。 身体を温める目的で、足の裏の「湧泉」、膝の外側の少し下「陽陵泉」をお灸で刺激してあげましょう。

  ☆特効穴 : 郄門、小腸兪、次髎、膈兪、中脘
  ★常用穴 : 湧泉、陽陵泉

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めたい♪」と思われましたのなら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。

   より効かすコツも伝授しちゃいます!

一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o)

 

次のテーマは、お子様の『チック症』対策のお灸です♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
        <ペットボトル温灸①> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
        <ペットボトル温灸②> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。