タグ別アーカイブ: ストレス

☆★☆ 『自律神経失調症』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 鍼灸治療+自宅で温灸するとよいですよ ~

 はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『自律神経失調症』に効果のあるツボをご紹介いたします。
なお、鍼灸治療と併用することをオススメいたします。 

足裏の「足心」は、自律神経に働きかけて、過度な緊張を和らげてくれます。そして、背中の「膈兪」「腎兪」で自律神経の働きを調整しましょう。腕の「曲池」は、自律神経のバランスをよくする働きがあるので、ここもオススメです。
慢性的に胃がシクシク痛むなら、自律神経を整えて痛みを和らげ、胃腸の働きを正常に戻す中脘」も使いましょう。 

  ☆特効穴 : 足心、膈兪、腎兪、曲池
  ★常用穴 : 中脘(胃痛がある場合)

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

 そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

 

IMG_7055_mod 
      <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

☆★☆ 『気太り』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 気分転換しながら、気の流れをお灸でよくしていきましょう♪ ~

最近、はやりの健康法といったら、これ。
     「ペットボトル温灸」!!!
お手軽に、ヌクヌクと身体が温まって、気持いいんですよ。
今回は、ペットボトル温灸を使った『気太り』解消にオススメするツボをご紹介いたします。

気太りは、精神的なストレスから、暴飲暴食に走ってしまい、太ってしまうことです。
症状としては、寝付けない、眠りが浅い、便秘かち、緊張で胃が痛くなったり下痢をしやすい、ゲップやオナラが出やすいなどがあります。精神的なストレスが主な原因だから、先ずは気分転換をして、ストレスを発散することが大切です。
ツボは、肺の機能が弱っていることが多いので、肺の機能を改善するツボを温めます。肺の原穴である「大淵」やストレスなどに効果のある合水穴の「尺沢」、背中の「肺兪」がオススメです。
また、ストレスを緩和するのに手の「合谷」、ゲップやオナラを軽減する目的でお腹の「中脘」を使います。おへその下にある「気海」は、気の流れを良くする効果があります。

 ☆特効穴 : 気海、尺沢
 ★常用穴 : 大淵、合谷、中脘、肺兪

『ペットボトル温灸』の特徴は、
  ①火を使わない
  ②煙が出ない
  ③どの部位でも一人でできる
  ④簡単に温める場所を変えられる
  ⑤広範囲を温められる
  ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などであり、火を使うせんねん灸に比べると、すっごくお手軽にできるお灸です。

また、ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めた~い♪」と思われましたら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o)

次のテーマは、『口内炎』に効く温灸のツボです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
        <ペットボトル温灸①> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
        <ペットボトル温灸②>
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

☆★☆ 『痔』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

~ 人知れず悩んでいる悩み、人に知られず自分で改善してみませんか♪ ~

最近、はやりの健康法といったら、これ。
   「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『痔』にオススメするツボをご紹介いたします。

女性にも意外と多いのが痔。
人知れず悩んでらっしゃる方もいるでしょう。
恥かしくて、誰にも言えず苦労されている方もいるでしょう。
痔は、腰まわりの血行不良が原因となって起こったり、過度のストレスやひどい便秘によっても引き起こされやすい症状ですから、血行をよくして改善しましょう。

痔の特効ツボといわれているのが、尾骨下端の下部にある「長強」です。腕の内側にある「孔最」は痛み出したときに使う常用ツボで、気の流れを司る頭部の「百会」を組み合わせると効果がさらにあがります。

また、腰まわりの血行を促進させるツボとして腰の「腎兪」、肛門周辺の血行を促進させるツボとして足のふくらはぎにある「承山」もオススメのツボです。

      ☆特効穴 : 長強
      ★常用穴 : 百会、孔最、腎兪、承山

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

次のテーマは、『食欲不振』に効く温灸のツボです♪

お楽しみを。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
      <ペットボトル温灸①> 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
      <ペットボトル温灸②>

☆★☆ 『慢性胃炎』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 慢性胃炎とおさらばして、万年快適毎日を♪ ~

最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも「ペットボトルして、して~ (o^^o)」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『慢性胃炎』にオススメするツボをご紹介いたします。

慢性的に胃がシクシク痛むような慢性胃炎には、自律神経を整えて痛みを和らげ、胃腸の働きを正常に戻す「中脘」がおすすめです。お腹の真ん中にあります。食あたりや吐き気、消化不良などにも効果があります。
足の「足三里」は胃腸障壁から更年期障害まで効く万能ツボで、胃腸を整えるだけでなく、身体全体を健康にする作用があります。とくにストレスや食べ過ぎなどによる下痢があるときに、ここにお灸をすえるとよく効きます。
「膈兪」「肝兪」「脾兪」「胃兪」は背骨の両側に上から下へと続くツボで、胃が弱い人はそこが盛り上がり、押すと不快感を覚える場合があります。

      ☆特効穴 : 中脘
      ★常用穴 : 足三里、膈兪、肝兪、脾兪、胃兪

『ペットボトル温灸』の特徴は、
 ①火を使わない
 ②煙が出ない
 ③どの部位でも一人でできる
 ④簡単に温める場所を変えられる
 ⑤広範囲を温められる
 ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使うお灸に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

そうはいっても、いきなりペットボトル温灸をするのは不安と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ぜひ、当院へ。
当院では、誰でもマスター「ペットボトル温灸教室」も開催しております。
一緒に楽しくワクワクと、温灸マスターになりましょう(o^^o)

次のテーマは、『胸やけ』に効く温灸のツボです♪
お楽しみを。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
                  <ペットボトル温灸①> 

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
                  <ペットボトル温灸②>