タグ別アーカイブ: ギックリ腰

☆ 今年の夏はホントに暑かった! ☆

今年の夏は、災害クラスの猛暑でしたね。
クーラーを積極的に使った夏だったかと思います。

ここ最近、グッと気温が下がってきましたね。
朝夕は、肌寒く感じる季節となってきました。
こういう時は、夏にため込んだお疲れが症状として出やすい頃。
特に、この夏は猛暑とそれによる冷房と身体に相当負担を強いられましたからね。
体内の水分をかなり消費する環境だったと思います。

 ①ギックリ腰
 ②肌荒れ
 ③何となく疲れやすい
 ④頭が重い
 ⑤倦怠感

などの症状が出ている方は、夏の疲労によるところが大きいです。
秋の早い時期にこれらの症状を解消しておくと、冬を健康に過ごすことができます。

 秋が深まるにつれて気温が下がり、空気が乾燥。夏に体内の水分が失われた状態で秋に入ると更に体内が不足し、風邪を引きやすくなったり、脳梗塞の可能性も高くなります。また、乾燥肌にもなりやすく美容の観点からも好ましくないです。

 夏の疲労には、東洋医学が得意分野です。
今のあなたの身体の状態を診て、それに合った施術を行います。

 お気軽にご相談下さい。

☆★☆ 『ギックリ腰予防』のに効果があるお灸のツボ ☆★☆

~  季節の変わり目には、ギックリ腰に注意です ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気です。
子供からも「ペットボトルして、して」とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『ギックリ腰の不安がある方』にオススメするツボをご紹介いたします。

ギックリ腰の予防には、お腹を温めることが一番です。
えっ、腰なのに、お腹?
しかも、温める???

実は、関係あるんです。 お腹が冷えると血流が滞って痛みが、何かのキッカケで一気に腰の筋肉が炎症を起こします。それがギックリ腰です。従って、お灸を使った予防法としては、お腹を中心に温めることをオススメします。

おへその上下にある「中脘」「関元」で、お腹の芯から温めましょう。おへその左右にある「天枢」「大巨」も同時に温めてあげるとより効果があがります。
また、腰の疲れをとるたまに、腰の「腎兪」と膝裏の「委中」も、温めましょう。

予防法なので、痛くなくても毎日続けましょう。お腹の調子もよくなるので、便秘、下痢も改善します。疲労回復にもなるので、腰痛だけではなく、肩こりにも有効です。
お化粧ののり具合も変わってきますよ(o^^o) 

   ☆特効穴 : 中脘、関元
   ★常用穴 : 天枢、大巨、腎兪、委中

『ペットボトル温灸』の特徴は、
  ①火を使わない
  ②煙が出ない
  ③どの部位でも一人でできる
  ④簡単に温める場所を変えられる
  ⑤広範囲を温められる
  ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などであり、火を使う「せんねん灸」に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めたい♪」と思われましたのなら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o)

次のテーマは、『子宮筋腫』対策のお灸です♪ 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
           <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

☆★☆ 『鼻水を止める』のに効果があるお灸のツボ ☆★☆

~  春風邪や花粉症でお鼻がズルズル止まらない ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
      「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気です。
今回は、そのペットボトル温灸を使った『鼻水を止めたい方』にオススメするツボをご紹介いたします。

風邪や花粉症で、鼻水がズルズル流れ出る。なかなか、つらい症状です。
ご家庭で、薬を使わず、ピタッと止めるにはお灸が一番。
頭の『上星』は特効ツボ。また、上星から百会の間にお灸をするのも効果的です。背中の『肺兪』も一緒にお灸しましょう。

  ☆特効穴 : 上星
  ★常用穴 : 肺兪、(上星から百会の間) 

『ペットボトル温灸』の特徴は、
  ①火を使わない
  ②煙が出ない
  ③どの部位でも一人でできる
  ④簡単に温める場所を変えられる
  ⑤広範囲を温められる
  ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などであり、火を使う「せんねん灸」に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めたい♪」と思われましたのなら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o)
次のテーマは、『ギックリ腰予防』のお灸です♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
             <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。