HOME > ブログ > 中医学からみた風邪

ブログ

wallpaper-1620825

中医学からみた風邪

ここ最近、風邪で御来院される方が増えてまいりました。
そこで、中医学からみた風邪について、ご紹介したいと思います。 

西洋医学が、ウイルスに目を向けて風邪をとらえているのに対し、中医学では、身体の状態、身体をとりまく外部環境という点から風邪を考えています。 

中医学では、風邪を「ふうじゃ」と読みます。外から人体を侵す邪気のことを「外邪」といい、その外邪には六種類あり、六淫と呼ばれています。風邪はその一つで、風の性質をもつ邪です。身体を守っている「衛氣」が弱ると、簡単に外邪に侵入されます。

<<素問・風論編>>には、「風邪は百病の長」であり、六淫のなかでは長として、他の六淫と合体していたる所に邪を運ぶ性質を持つと述べられています。 例えば、「湿邪」が加わった『風湿邪』では、体が重く、痰があり、慢性化しやすいです。「寒邪」が加わった『風寒邪』では、悪寒がし、喉が痒くなり、水のような鼻水がでてきます。「火邪」が加わった『風熱邪』では、悪寒よりも発熱が激しくなり、喉が痛くなり、黄色く粘りのある鼻水が出てきます。

「風邪は百病の長」を風邪をこじらすと他の病気を誘発してしまうという意味で使われる方も多いです。 しかし、元々の意味は、風邪と共にもれなく他の外邪(六淫)と結びついて、より複雑な病症になりますよ、ということを指しています。 

そうそう、風邪の引き始めと峠を越した回復期、それぞれの養生法を【ペットボトル温灸】シリーズでご紹介していきますね。 ご期待あれ~(o^^o)