HOME > ブログ > ☆★☆ 『子宮内膜炎』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

ブログ

☆★☆ 『子宮内膜炎』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 卵巣や子宮の機能を高め、改善を目指しましょう ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
     「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気。
子供からも 「ペットボトルして、して~ (o^^o)」 とおねだりされます♪
今回は、そのペットボトル温灸を使った『子宮内膜炎』にお悩みの女性にオススメするツボをご紹介いたします。

子宮内膜炎とは、子宮の内側を覆っている「子宮内膜」の炎症です。子宮内膜炎が起きる原因は主に細菌の感染で、子宮の入り口から入り込み感染することがほとんどですが、リンパ液や血液、腹腔内からの感染もみられます。
まずは、卵巣や子宮の機能を高めるためによく効くのが、仙骨部の「八髎穴」です。ここを日頃から温めておくと安産にもつながります。また、卵巣機能を高めるためにも、おへその下の「関元」を温めるとよく効きます。また、婦人科疾患の原因の一つに身体の冷えが少なからず関係しています。足の内くるぶしの上にある「三陰交」で冷え対策をいたしましょう。腰部を温めるのに腰の「腎兪」も効果があります。身体の芯を温めて、細菌の感染から守りましょう!

  ☆特効穴 : 八髎穴、関元
  ★常用穴 : 三陰交、腎兪

『ペットボトル温灸』の特徴は、
  ①火を使わない
  ②煙が出ない
  ③どの部位でも一人でできる
  ④簡単に温める場所を変えられる
  ⑤広範囲を温められる
  ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などがあり、火を使う「せんねん灸」に比べると、すごくお手軽にできるお灸です。

ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めたい♪」と思われましたのなら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o)

次のテーマは、『痛風』対策のお灸です♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
          <ペットボトル温灸①> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
          <ペットボトル温灸②> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。