HOME > ブログ > ☆★☆ 『のどの不快感』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

ブログ

☆★☆ 『のどの不快感』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~  風邪や扁桃炎で、のどがヒリヒリ痛むときのお助け法です(o^^o) ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
       「ペットボトル温灸」!!!
そのお手軽さから、ご家庭のお手当法として大人気です。
今回は、そのペットボトル温灸を使った『のどの不快感を緩めたい方』にオススメするツボをご紹介いたします。

のどの痛みほど、辛いものはないです。風邪や扁桃炎、心身症、自律神経失調症、声の出し過ぎ、など、その原因は様々です。
のどがヒリヒリと痛いときは、腕の「孔最」が効果あります。鎖骨の真ん中のくぼみにある「天突」も、のどの痛みやいがらっぽさがあるときには、効果がありあす。手の甲の「合谷」は、のどの痛みを和らげる即効ツボ。また、親指を曲げた時の第一関節にできるシワの先端にある「鳳眼」は、炎症鎮痛効果として効果のあるツボです。
ツボでないのですが、鎖骨の下の部分や胸骨柄の部分を広範囲に温めると少し和らぎます。 

 ☆特効穴 : 合谷、鳳眼
 ★常用穴 : 孔最、天突(鎖骨の下の範囲)、(胸骨柄の部分)

 

『ペットボトル温灸』の特徴は、
  ①火を使わない
  ②煙が出ない
  ③どの部位でも一人でできる
  ④簡単に温める場所を変えられる
  ⑤広範囲を温められる
  ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などであり、火を使う「せんねん灸」に比べると、すっごくお手軽にできるお灸です。

ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めたい♪」と思われましたのなら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o)

 

次のテーマは、『鼻水を止める』のに効くツボです♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
                                        <ペットボトル温灸> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。