HOME > ブログ > ☆★☆ 『口内炎』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

ブログ

☆★☆ 『口内炎』に効果があるお灸のツボ ☆★☆

~ 弱った胃腸や風邪を治すと改善します♪ ~

はい、最近はやりの健康法といったら、これ。
    「ペットボトル温灸」!!!
お手軽に、ポカポカ、身体が温まって、気持いいんですよ。
今回は、ペットボトル温灸を使った『口内炎』にオススメするツボをご紹介いたします。 

胃腸が弱っているときなどになりやすいのが口内炎。痛くて辛いです。背中の「大椎」は風邪の引き始めや肩こりなどに効果のあるツボで、口内炎にも有効です。唾液の分泌量をあげるために、顎の「頬車」、粘膜を強くする特効ツボとして、唇の横の「地倉」を使います。
胃腸が弱っていることが原因とするなら、背中の「胃兪」を、急性の胃腸炎を改善するツボとして足の「地機」も使うといいでしょう。肩の「肩髃」も口内炎に効きます。 

  ☆特効穴 : 大椎、頬車、地倉
  ★常用穴 : 胃兪、地機、肩髃

『ペットボトル温灸』の特徴は、
  ①火を使わない
  ②煙が出ない
  ③どの部位でも一人でできる
  ④簡単に温める場所を変えられる
  ⑤広範囲を温められる
  ⑥「お湯」と「ペットボトル」だけ用意すればよい
などであり、火を使うせんねん灸に比べると、すっごくお手軽にできるお灸です。

また、ツボの位置は、人によってそれぞれ微妙に違います。
しかし、ペットボトル温灸は、コロコロと熱を当てる場所を自由に動かせるので、だいたいの位置で大丈夫です。
もし、「私、もっとお灸の効果を高めた~い♪」と思われましたら、ぜひ当院へお越し下さい。
より正確な位置、あなたに合ったポイントを教えますよ。
一緒に楽しくツボの位置を確認しましょう(o^^o)

次のテーマは、『膀胱炎』に効く温灸のツボです♪ 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
       <ペットボトル温灸①> 
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
       <ペットボトル温灸②>
*写真は、イメージ図です。特効穴や常用穴の位置を示すものではございません。