HOME > ブログ > ☆冬は腎が疲れる季節。腎を労りましょう☆

ブログ

☆冬は腎が疲れる季節。腎を労りましょう☆

一月も半ば、春が近づいていると思いたいところですが、まだまだ寒さが身に染みる時期ですね。

今回は、冬の季節に疲れの出やすい臓腑のお話しです。

東洋医学を勉強された方なら、ご存じの五臓色体表。
五季の冬に関わる五臓といえば、「腎」ですね。
冬は寒が強い季節であり、寒は腎を傷める要因となるんですね。
腎は、生命力の根源である元気をもたらす五臓、また全身の水分代謝を調整する五臓でもあります。

この機能が弱ると、
やる気出ない、力がでない、手足冷える、眠い、トイレ近い、
といった症状が出ます。

最近、とても眠いという人は、腎が疲れているかもしれません。

自宅でできる養生法としては、
下腹部や背中の一番下の肋骨周りは、東洋医学では腎のエリアとされ、ここに手を当て、気を補います。
これだけでも効果あります。
また、身体を温め、冷やさないことも大切です。
腹巻き、オススメですよ~(o^^o)

お食事に関しては、砂糖やチョコレート、バナナ、なんかの冷やす性質が強いものを控えていただければと。
豆腐や豆乳も冷やす性質なので、少し控えめにしていただければと思います。
そして、腎を補う食べ物をお口にされたらよいと思います。
では、どんな食べ物がよいかは、当院へおこしくださいませ~(o^^o)